矯正の種類

矯正治療に使用する装置には様々な種類があります。一昔前の矯正治療では、歯の表側につける矯正装置が目立ってしまい、矯正治療はしたくないと思われた方も少なくないと思います。

しかし今では技術の進歩により、裏側(舌側)につけるために「見えない矯正」と言われる装置もあります。また裏側矯正には、「あまり他人を気にしないですむ」「スポーツをしやすい」などのメリットもあります。

さらに、メタル素材ではなく、白色や透明の装置もあり、矯正装置をつけていることが他人には分かりにくい素材も多く登場しています。

但し、見えない矯正も「装置が舌にあたるので違和感がある」「慣れないうちは発音しにくい言葉がある」「表側矯正に比べて高額」などのデメリットがありますので、担当医に説明してもらいましょう。

この他にも矯正装置の種類には、マウスピース、床矯正、デーモンシステム、ムーシールド、ヘッドギア、インビザラインなどの様々な装置があります。